弊社は粘着紙の平版でオフセット印刷とトムソン加工を中心とした印刷加工会社です。
中でもレーザープリンター用タック紙やOAプリンター用タック紙のように薄手の粘着紙によるトムソン加工は、
もっとも得意とする分野で、薄手の粘着紙基材では難しいとされていた表面基材がハーフカット加工で、
表面基材と同じ箇所の裏面(セパレーター)がマイクロミシン加工となる「アイデアミシン」製品の加工もできます。
さらに、腐蝕刃(エッチング刃)を使用した複雑な形のハーフカット加工もできます。
世の中の粘着紙製品の多くは巻き取りによる加工である中、数少ない平版による加工で40年以上の実績を有しており、
大手OA用品メーカーの末端工場としての長年の実績と高いノウハウを蓄積しております。
どうぞ、お気軽にお申し付けくださいますようお願い申し上げます。

会社概要

会社名
株式会社 ヨハネ
創業
大正12年4月1日
株式会社設立
昭和38年7月1日
資本金
10,000,000円
事業所所在地
本社工場 〒530-0041 大阪市北区天神橋1丁目8番5号
電話:06(6352)5091㈹
取引銀行
三菱UFJ銀行 天神橋支店
三井住友銀行 南森町支店
みずほ銀行 天満橋支店
りそな銀行 南森町支店
尼崎信用金庫 天満橋支店
代表取締役
三上彰彦
従業員
15名
工場坪
1000㎡
営業種目
オフセット印刷・シール印刷
トムソン加工
(ハーフカット・ミシン・マイクロミシン・変形ハーフカット)
※OA用タック紙
設備の概要
小森SPRINTⅡ26 オフセット印刷機
志機PCH-45 MWLH 平圧シール機
ハイデルKSBトムソン機
ハイデルSBBハイデルトムソン機
ハシモトJMトムソン機
オリスター自動スリッター機
凸版製版機
勝田製作所SH290-HOP-JMCⅣ 断裁機
輪転スリッター機
レーザーカラープリンター
カッティングプロ プロッター
製造品目
ラベル・ステッカー・各種粘着シール 各種プリンタ対応ラベル バーコードラベル デジタル可変ラベル

沿革

大正12年4月1日
故瀧口巳之輔が、大阪市浪速区元町2丁目に 工場を建設、ヨハネ堂印刷所として創業。
昭和20年3月
大阪空襲により全焼。
昭和23年4月
大阪市天王寺区烏ヶ辻町に工場を再建。
昭和38年7月
株式会社ヨハネ堂印刷所として法人組織に変更。 三上彰彦 代表取締役に就任。
昭和42年4月
現在地に移転。
昭和62年8月
シール印刷協同組合加入。
平成2年10月
株式会社ヨハネに社名変更。

アクセスマップ


TOP

Copyright (c) K.K. Johanne All Rights Reserved.